里帰り出産でかかる費用は?妊婦健康診査受診費と出産育児一時金の申請方法、注意点など

里帰り出産を考えているママはどれくらい費用が必要なのだろうと不安になりますよね。今回は私が里帰り出産をしてかかった費用、里帰り中の妊婦健康診査受診費と出産育児一時金の申請方法、注意点などを紹介します。

里帰り出産でかかる費用

妊婦健康診査費用

妊婦健康診査のための受診券は原則発行された自治体のある病院、あるいはその自治体の契約医療機関のみとなります。

里帰り出産で受診券が使用できない場合、支払いは全額自費です。

その後居住地域の自治体で手続きすると助成される仕組みです。

里帰り先の産院で健診する時、必ず妊婦健康診査受診券を提示し記入してもらいましょう。

注意

妊婦健康診査受診券に里帰り先の産院で記入してもらう際、産院名、日付、健診結果など記入されているか確認して下さい。必要項目が記入されていないと申請を受け付けてもらえないので補助金がもらえません。必ず記入されていないといけない項目について居住地域の保健所へ問い合わせて確認しておくことをおすすめします!

保健所での申請時に医療機関で健診した領収書も必要なので、必ず残しておきましょう。

申請時に必要なもの
  • 申請書(自治体の保健所でもらえます)
  • 妊婦健康診査受診券
  • 領収書

自治体によって異なると思いますので、お住まいの自治体に確認して下さい。

妊婦健康診査補助金の申請が通ったら保健所から振込額のお知らせが郵便で届き、申請時に記入した銀行口座に振り込まれました。

出産費

出産育児一時金の利用で多額の費用を準備しなくていいですよ!

出産育児一時金とは?

被保険者又は家族が妊娠4ヶ月以上で出産した場合、一児につき42万円が支給されます。

直接支払い制度を利用すると、健康保険から産院に直接支払われるので退院時の支払いは42万を超えた分だけです。

申請は妊娠中に産院から申請書をもらい記入して産院へ提出するだけでした。あとは産院で手続きしてくれたので何もしなくてよかったです。

私は直接支払い制度を利用して退院時に支払ったのは1万円未満でした。

これには出産費、部屋代、食事代、入院中の検査や処置、任意の検査費など全て含まれています。

支払額が安く済んだのは、出産したのが平日の昼間であったこと、日祝日の入院はなかったことなど関係しています。

出産が祝日や夜間であった場合、費用が加算されるので出産日と時間によって費用は変わってきます。

生活費とベビー用品

生活費

里帰りする人数分の生活費も必要になるので余裕を持って準備した方がよいと思います。

里帰り中にお世話になるからと毎月決まった額を渡す人もいれば、実家から帰るときにお礼金として最後に渡す人もいます。

人それぞれなので事前にご主人と話し合っておくと良いと思います。

ベビー用品

生まれてくる前、生まれてから購入するものがたくさんあります。

沐浴するベビーバス、赤ちゃんの服、哺乳瓶、ミルク、オムツなど必要なものをリスト化しておくと準備がスムーズに進みます。

特に遠方の里帰り出産の場合、里帰り先で準備した方が荷物が増えなくていいと思います。

私は妊娠中に最低限必要なものを里帰り先で準備して、あとは生まれてから必要なものを購入しました。

ミルクやオムツなどの衛生用品は産後に購入した方がよいと思います。

できるだけ新しいものがいいというのもありますが、何を買ったら良いか分からないので産院で使っているものを見て購入した方が自分が安心して使えるからです。

特にミルクは産院で飲んでたものであればアレルギーが出なかったから安心して退院後も飲ませられると思えますよね。

私の友人の子供はミルクが合わずに口周りに湿疹が出たそうです。ミルクアレルギーが出たらしく、ミルクを変えたところ湿疹が治ったと友人が言っていました。

新生児は未発達で体の反応が分かりずらく、体の異常を自分で言うことができないので戸惑うことが多々あります。

新生児に使うもの、口にするものは安全性を第一に考えて選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は里帰り出産の費用として妊婦健康診査受診費と出産育児一時金の助成について申請方法や受け取りについて私の経験を交えてまとめました。

里帰り出産でかかる費用についてイメージがわきましたか?

これから出産を迎える方が少しでも参考になったら嬉しく思います。