【30代夫婦子供あり】毎月の貯金はいくら?みんなの貯金方法!

30代夫婦で子供のいる家庭は毎月どれくらい貯金しているの?と気になりますよね。今回は対象家庭の毎月の貯金額と貯金方法について20人に調査しました。

毎月の貯金額は?みんなの貯金方法

夫婦二人に子供が二人います。
3歳と1歳になります。
毎月の貯金額は4万円と財布を圧迫する小銭をちょこちょこと
貯金箱に入れております。
貯金額の内訳は2万円が定期積金として毎月自動引き落としで5年間の満期になるものを繰り返し行っています。
1万円は投資信託へ5000円を1口にして積立投信を行い、
残り1万円は保有している不動産への火災保険で5年満期積立型のものを二口行っております。
4万円を分散させることでリスクヘッジを行い、普通に預金するよりも、利率が良かったり補償内容をプラスさせたもの使用することでメリットを得られ満期の時により多く戻ってきますので、戻ってきた資金をベースにまた貯金を始めると無理なく続けられて良いのかなと思います。
いざという時には解約もすぐに出来ますので子供にお金がかかる時用にこのまま貯めていけたらと思います。

毎月3万円程度貯金してます 子供は一人で年齢が三歳になります 貯金方法は、外食は控える事と毎日毎日お金を必ず500円玉入れています、貯金すると意気込むと貯金出来なくなるので、500円玉貯金や100円玉貯金は無い物として考えています、具体的には、お買い物する時に500円玉が出るように調整してたりしますわざと大きいお金出すのが自分の中ではポイントだったりします、そうする事によって貯金するお金を発生させてます、奥さんは会社員、私はフリーランスしてますが、立場的には奥さんの方が上ですが、仕事にしても、貯金にしても無理をしないのが一番大切だと思います、ストレス、無理、する事によって上手くいかないと私は考えてます。

毎月3万円ずつ貯金しています。子供が今2歳で来年から幼稚園に通うことになるし、幼稚園に通う様になれば必要になるお金も増えてくると思うのでできる内から少しずつ貯金しておこうと思って今は少し厳しいぐらいの貯金を敢えてしています。貯金方法としては毎月給料日当日にメイン口座に入金してます。その口座はATMではおろせないようにしており、窓口に行かないとおろせない設定にしてあるので、「面倒くささからおろしたくてもおろせない」という状況を作ってます。残ったお金で毎月のやりくりをしてます。そうすることで毎月徹底的な貯金をしています。

結論からいうと毎月私の給与から5万円貯金しています。ちなみに私の月給はおよそ32万~34万円です。我が家は夫が働き、妻は専業主婦、4歳の子が1人という家族構成です。具体的な貯金方法は5万円のうち、2万3千円は私のイデコです。毎月給与支給の際に2万3千円が天引きされています。残りの2万7千円は会社の財形貯蓄制度です。給与口座と同じ銀行で積み立てています。どちらも、自動的に積み立てられているので、貯金のし忘れや、使いこみなどは発生しません。最初から財布を分けておくことが貯金には大切だと思っています。

38歳主婦です。子どもは8歳小学校2年生です。海外在住で、近年夫が起業したため定額貯金ができていません。私のネット内職の収入(月4万円)から国民年金分を差し引いた額、約2万3000円を毎月全額貯金しています。がちがちの節約生活に取り組んでいるため、本来ならもっと貯金をしたいのですが、夫に言わせると「会社のために、すぐに何か必要なものがあったら困るから」ということで、普通預金口座から貯金用の口座に全く振り込んでくれません。会社員時代も、先取貯金をしようと何度も何度も提案していたのですが、その都度のらりくらりと交わされてしまい、結局できずに終わってしまいました。生活費が足りずにかつかつになる、ということは全くないのですが、カードは使わず現金払いで過ごしています。日本のように子ども手当がないのが残念です。あったらその分も貯金できるのに…と思います。

毎月5万円程貯金しています。子供は長女が2歳、次男が0歳7か月です。
貯金方法は以下の3点を注意し、無駄使いをしないようにして貯金に回します。
・食費を抑えるため、肉類を業務スーパーで多めに購入します。使いやすい量に分け、冷凍保存します。野菜もキャベツや白菜は安い時に丸々一個買い、下処理をし冷凍します。少しずつ購入するよりも安く済みます。
・子供の習い事は市の情報誌から探し、1か月1000~2000円になるようにします。
・子供服は基本的にはいただいたお下がりを着ます。購入する場合はセール品を購入し、定価では買わないようにします。フリーマーケットや、メルカリで中古品を探すこともあります。

4歳の年少さんと1歳の子がいます。
毎月本当にギリギリで貯金はできないのですが、貯金なしなのは心配なので毎月2万!と決めて絶対に貯金をしています。あとはボーナスは一切手をつけずに貯金してます。
この貯金に回している2万円。少額ですのでちょっと気を抜くと使ってしまいそうになります。
なのでわざと近くにATMもなく、コンビニでおろすと手数料がかかる銀行に給与を振り込み、そこから2万除いたお金を別の使いやすい銀行に移しています。
簡単におろすことができないので、もう始めからなかったとのだとして生活できるので使ってしまうこともなく、毎月きちんと貯金できています。

毎月の貯金額は4万円です。子供の年齢は3歳と0歳です。貯金方法は毎月給料日に4万円抜きます。それから今月の手取り収入から食費などの項目で予算を分配し、次の給料日に実際使った額を予算から引き余った分を貯金にさらに回します。予算を組んだ金額以上には絶対ならない様に計算しながら毎月お金を使う様にしています。また子供の貯金は30万貯まったら近くの信用金庫で定期預金にして少しでも貯まる様にしています。ボーナス時期だけでなく、信用金庫は店舗が増えるとキャンペーンで金利が上がる事が多いのでそれも狙って定期預金にします。

子供3人(9歳、7歳、2歳)
毎月の貯金額・・・0円
夫がサラリーマン、妻は自営業。夫の毎月のお給料が、毎月の生活費に消えている感じです。夫のボーナスが、年間の貯蓄に回ります。妻の収入は不安定ですので(時々まとめて入る)、それも貯蓄に回っています。ローンは抱えていません。貯金方法としては、「月々のパパのお給料以上の出費はしないよう、心がける」というところです。家計簿をつけているので、収入・支出の具合は把握できています。また、わずかですが株式投資もしているので、その配当(年間10万円程度)も貯蓄に回っています

子供の年齢は長女が7歳の小学一年生で次女が4歳の幼稚園年少さんになります。我が家の毎月の平均貯金額は3万円ほどになるかと思います。貯金方法は旦那の給料で我が家の幼稚園の月謝等のすべての生活費をまかないます。子供がまだ小さいことや平日子供を預けたりすることができないため、主婦の私が旦那の休みの土曜か日曜の月3日か4日かを使ってバイトしています。基本的にそのバイト代が貯金の金額になります。貯金は旅行などで使ってしまうのですが、平日のバイトは下の子が小学校に入るまでは無理かなと思っているので、私の稼いだ金額だけを貯金という方法を我が家ではしています。

私の家では、毎月15万円を貯金しています。子供の年齢は3歳が1人です。貯蓄に関しては、いくつかに分けています。定期預金、財形貯蓄、個人年金、確定拠出年金、投資信託、学資保険です。今後組み換えや、不動産も考えています。保険会社でよくあるライフプランのシュミレーションを10年程前にやりましたがら資産運用で、早期退職が狙えると思いました。今は、そこを目指して頑張っています。出来れば50歳までには、CF月100万円を目指し、総資産額3億は行きたいですね。そして、収入は低くても、フリーランスで好きな事をして家族で生きて行きたいと思います。今はその為に副収入、資産運用と切磋琢磨!夢に向かって一直線です。

3人子供がいるので共働きなのですが、実際のところ貯金をする余裕がありません。

19歳(大学生)と8歳(小学生)と5歳(保育園児)がいます。
去年から私名義でイデコで月5000円、つみたてNISAで月5000円ほど貯金しはじめました。
手続きが完了出来次第夫もイデコを月5000円で始める予定です。
最近フィンビーというアプリを見つけたので毎日100円のつみたてとおつり貯金も始めました。
まとまった金額を定額で貯金するのはむずかしいので1日100円のつみたて貯金と財布の中の小銭をすべて貯金箱に入れるような貯金をコツコツしています。気づけば少しずつ貯まっているので私には合っているのかなと思っています。

35才の私と36才の主人、未就学の子供二人の四人家族です。子供は上が6才下が4才です。二人とも正社員で働いています。毎月の貯金は15万ほどしています。
貯蓄の方法は基本的に夫婦の給料は同じ家計に使用することです。
私の給料はほとんど貯金に使用しています。
主人の給料は主に生活費に使用しています。
貯金は先取りでしています。
目的別に分けて、つうちょうを作って、それぞれに分けて定期預金にしています。定期にしたら、よっぽどの事がない限りおそせません。
また、家計でかなりのプラスになれば、来月の娯楽費にあてたり、予備費にしています。いざというときに定期を崩さなくて良いので助かります

私共の家には娘が一人いるのですが、今 現在は小学3年生です。私共は共働きですので、私の収入だけではとても賄うことが出来ませんので、妻にも申し訳ないのですがパートとしてですが働いて貰っています。本当に申し訳なく思っています。その為、娘の学費や生活費などを考えると私共の家では毎月、月によってバラバラですがだいたい平均して3万から5万ほどです。因みに、私は本業以外にも副業をネットビジネスでやっています。また妻は妻でも副業をやっています。ですので、私共の貯金はそんな感じで貯めていますが、また別で娘の為の貯金も毎月3万ほどしています。

最近、子供を出産し0歳の子育て奮闘中です。私は育休中で月10万円ほどの収入があり、旦那は月手取り24万円ほどの収入です。特に家計簿はつけておりませんが月の内訳としては食費、娯楽費などの家族共同財布に8万、旅行貯金に2万、家賃に7万、光熱費や携帯代、保険代に6万円、お互いのおこずかいに各2万で子供のミルク、オムツ代に1万円ほどです。なので月の貯金は残額の6万ほどです。また、家族共同財布は大体お釣りが出るので余った分は貯金にプラスします。もしお小遣いが足りない場合は催促することはせず、お互い独身時代に貯金したお金を使います。

我が家は、中学1年生の息子(13歳)と小学4年生の息子(10歳)の二人の子供がいます。
収入源は、会社員の私と、パートタイマーで働いている妻の給与収入になります。
毎月の貯金額ですが、月のよって多少のバラつきがありますが、毎月大体5万円の貯金をしています。
貯金方法としては、通常引き落としされる口座とは別に通帳を作って、毎月給料日に前月の収支を確認して、可能であれば5万円を、不可能な場合(出費が多くなったとき)は出来る金額を、その口座へ振り込む様にしている。また、ボーナス月は必要に応じて、余裕のある金額を積みまして貯蓄している。

34歳主婦、8歳の子供がいます。
毎月の貯金は大体5000円です。あると使ってしまうので、給料が入ったら貯金用の口座に入れるようにしています。その月の給料額によって、貯金出来ない月もあります。
私も働いているのですが、生活が毎月かつかつの状態なので、旦那さんの年2回のボーナスはなるべく使わずに貯金するようにしています。
あと、金額ははっきり分かりませんが、家族みんなである時に自由に入れる貯金箱を置いておいて、旅行貯金をしています。
子供の将来のための貯えとして貯金だけでは心配だったので、子供の学資保険に入りました。

夫は地方公務員、私は主婦で4歳と2歳の子供がいます。1人目を妊娠してすぐに私は仕事を辞めたので毎月生活費、家賃などでほとんど夫の給料は残りません。私がランサーズなどのサイトでコツコツ貯めたお金を毎月3万円程度貯金しています。服は買わず子供服などもメルカリなどのフリマサイトを使ってできる限り節約し、シーズンごとに家族で出かけるお金を捻出しています。また夫の昼食は弁当を持参して外食代もできるだけ抑えています。5年以内には家を買いたいので今の貯金額では厳しく、下の子が幼稚園に入ったら私もすぐに働きに出たいと思っています。普通口座に入れてしまうと誘惑に負けるので定期を活用しています。

現在2歳の子供がいる30代の専業主婦です。
子供の学費として、学資保険を郵便局と JA バンクで分けて掛け、
合わせて
毎月3万円×12ヶ月=年額36万
児童手当を全額貯金に回し、
毎月1万5千円 ×12ヶ月=年額12万
これらを全て貯金 しています 。

また持ち家のため、家賃はかからないので
毎月3万円×12ヶ月=36万円
を貯金に回せています。

私のお小遣いと夫のお小遣いを毎月3万円づつと決め、お小遣いの中で服飾費、化粧品代、カット代、交際費を賄っています。私の分もお小遣い制にすることで服飾費、化粧品代、カット代、交際費など曖昧にしないことで結果的に費用は抑えられています。また私の場合、この3万円の中から先取り貯金で毎月6千円×12ヶ月で7万2千円を大きい買い物用の貯金に回しています。

以上で年間約91万円ほど貯金しています。

現在子供は小学校3年生の男子が一人、30代の夫婦の3人家族です。
主人は会社員、私は事務のパートで一日5時間ほど働いております。
生活費や家のローンなどはすべて主人の給料から支払いをしております。
私の給料が手渡しなこともあり、お給料を頂いたらすぐに3万円を主人の給料が入金される銀行口座と別の私名義の口座に預け入れをしております。
これでまず毎月3万円貯金してます。
その他は財布に小銭を多く入れておきたくないこともあり家に500円貯金箱を置いて財布に500円玉があるとすぐに入れています。500円貯金はその時々ですがおおよそ1ヶ月に3000円はためていると思います。

お出かけ中に空いた駐車場を貸して副収入!「特P」
▼公式サイトはこちら▼

1台から運営。完全無料のコインパーキング運営
▼公式サイトはこちら▼

都心の投資不動産で安定収入【保険ニュース】

▼公式サイトはこちら▼

マンション経営で年収アップ【Oh!Ya(オーヤ)】
▼公式サイトはこちら▼

▼公式サイトはこちら▼